甲子園が中止になったらドラフトはどうなる?地方大会は開催されるの?

コロナウィルスの影響で、甲子園中止が濃厚になっています。。

インターハイも中止になったので、覚悟はしていましたが、それでも悲しすぎる。。。!!!!><

だって三年間頑張ったんですよ。春も中止だったんですよ。。。。><

選手たちのことを思うと本当に辛いです。

さて、甲子園中止となったら気になるのがドラフト会議!

春の大会もなかったと思いますが、この場合、ドラフトってどうなるのでしょうか?

甲子園の中止が濃厚でドラフト会議に不安の声


気になったので調べてみました!

甲子園中止も辛いですし、プロを目指す子にとったら将来に関わるとっても大事な大会。一体どうなってしまうんでしょうか。

判断材料が少なくなり、非常に厳しくなるのではないでしょうぁ・

甲子園が中止になったらドラフトはどうなる?

一部報道誌によりますと、、、

・大学や社会人の選手は、ある程度の資料が集まっている
・新戦力の能力や伸びしろを測る機会を奪われた高校生は影響が深刻
・現在も休校による練習試合も自粛、目当ての選手も探すことができない

ととっても深刻な記事な記事もありました。

一方で、他のスポーツ紙によりますと、すでに2年分のストックがあるので、判断材料は十分という意見も。

有力選手は2年と言わず、中学校なども成績も見られているので、過去の情報で判断するということです。
日本中の有力選手や有力校を調査して、すでにドラフト候補のピックアップは可能。

ということで、もともと注目されていた有力選手は、これまでの実績を見られますね。

ただし、高校生ということで、この一年間でかなり伸びている選手。

昔は注目されていなかったけど、春、夏で一気に注目される選手もいます。
そんな選手にとってはかなり痛い機会ですね

アピールの場が減るので、大学に進学する人がふえるかもしれません。

甲子園のような大舞台でどういう成長をするかとか、能力を発揮するかがみたいところだとは思いますけどね。

なので、今年だけ夏の甲子園が無かったからと言って、候補がいなくなって、適当に選手選ぶしかないなんて状態にはならないです。
練習を見てとか、別の大会だったり、練習試合だったりを見てとかっていうことから評価をしていってますよ。

あとは甲子園で問題視されていた過酷な日程で、熱中症、故障がある選手が少ないかもしれませんね。

地方大会は開催されるの?

残る最後の希望は地方大会!!
せめてこれは開催してほしいなあ、、、、!!

調べてみると、無観客での地方大会は開催される可能性大!

大会主催者は、都道府県高野連に対し、可能であれば地方大会に代わる公式戦を無観客で開催するように要望する見通し。すでに東京や三重などでは、代替大会の開催が検討されているが、本大会がなくなることで代替大会を8月下旬まで行えるようになり、準備期間を長く取れることになる。

こちらの地方大会もかなり重要になって来ますね。

まとめ

甲子園が中止になったらドラフトや地方大会についてでした!

・中止になっても、もともと有力選手は過去の情報を元に選手を調査できる
・ただし、春夏で急に成長する貴重な人材を見逃す可能性がある
・地方大会や練習試合で

高校三年生、一生に一度きりの夏なので、本当に考えるだけで辛くなります、、、><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です