手越君会見の弁護士の経歴がすごい!宮崎駿に似ていると話題!

手越君の会見が6月23日に始まりました。
私も見ているのですが、手越君のファンへの気持ちも現れて、応援しながら見ているのですが、、、

アラサー女子
手越君の隣の弁護士さんが宮崎駿に似てる!!
うさまる
カルロスゴーンさんの時の弁護士さん!!

ツイッターもざわついていましたが、手越君の弁護士さんが話題になっていたので調べてみました!

手越君の会見の弁護士さんが話題!

確かに宮崎駿さんそっくり。。大御所感はんばないです。笑

手越君と隣に座られていたことから、隣の手越なんて言われていらっしゃいます。w

手越君の会見の弁護士さんは高野隆さん!

この方は何と、カルロスゴーンさんを保釈させた弁護士として有名です。その時もメディアには出られているので、知っている方は知ってますね。
何で手越君の会見でこの弁護士が??とネットはざわついています。

カルロスゴーンさんの弁護士なので、めちゃめちゃ有名な方なのですが、手越君は刑事事件を起こしたわけではないので、何でついているんでしょうね。。。?
弁護士界がざわつきそうです、

ネットは宮崎駿?とざわついてますが。。

手越君の会見の弁護士さんの高野隆さんプロフィール!

このかた、実はすごい人なんですよ。。。!!

高野隆さんの経歴!

1979年 早稲田大学法学部卒業
1982年 弁護士登録(埼玉弁護士会)
1987年 サザン・メソジスト大学ロー・スクール卒業(LL.M)
2004年 第二東京弁護士会に登録換え
2004年~2009年 早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)教授
2006年~2014年日弁連裁判員本部・法廷技術に関するプロジェクトチーム座長
2014年~2015年日弁連刑事弁護センター・法廷技術小委員会委員長

高野隆さんの著作

本もめちゃめちゃ出されています。。。!!

憲法的刑事手続研究会編『憲法的刑事手続』(分担執筆、日本評論社、1997年)
キース・エバンス『弁護のゴールデン・ルール』(翻訳、現代人文社、2000年)
高野隆他『偽りの記憶:本庄保険金殺人事件の真相』(共著、現代人文社、2004年)
日弁連編『法廷弁護技術』(分担執筆、日本評論社、2007年)
木村晋介編著『激論!「裁判員」問題』(分担執筆、朝日新書、2008年)
高野隆編著『ケースブック刑事証拠法』(現代人文社、2008年)
高野隆監修『DVDで学ぶ裁判員裁判のための法廷技術(基礎編)第1巻』(現代人文社、2011年)
高野隆監修『DVDで学ぶ裁判員裁判のための法廷技術(基礎編)第2巻』(現代人文社、2012年)
『実務大系 現代の刑事弁護1 弁護人の役割』(第一法規、2013年)(共編著)
『実務大系 現代の刑事弁護2 刑事弁護の現代的課題』(第一法規、2013年)(共編著)
高野隆監修『DVDで学ぶ裁判員裁判のための法廷技術(基礎編)第3巻』(現代人文社、2014年)
『実務大系 現代の刑事弁護3 刑事弁護の歴史と展望』(第一法規、2014年)(共編著)
講演録「なぜ弁護するのか」(Law&Practice第8号、2014年)
「無罪判決に対する検察官上訴は許されるべきか」木谷明責任編集『シリーズ刑事司法を考える第5巻 裁判所は何を判断する』(岩波書店2017年)所収
「裁判官は裁判員に『経験則』を教えることができるか」木谷明責任編集『憲法的刑事弁護--弁護士高野隆の実践』(日本評論社2017年)所収

高野隆さんの担当した案件

何と
・オウム真理教
・カルロスゴーン

などなどすごい案件が多いです。。。。なぜここで手越君の担当?

やっぱり事務所と円満退社ではなかったのでしょうか。。。。

まとめ

手越祐也会見の隣の弁護士の高野隆さんについてでした!

手越君の会見、しっかり話していて素晴らしいな〜〜と感じていました。
色々書かれてますが、ご家族を思われてのことだったんですね

独立しても応援したいと思います!

【手越会見】手越祐也の養っている家族って誰?両親?結婚してるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です