鬼滅の刃の作者が引退するって本当?理由の家庭の事情ってなに?

在庫あり!夏用の涼しいマスク!

>>>商品ページを今すぐチェックしてみる!

鬼滅の刃が最終回を迎えましたね。ジャンプには珍しく人気絶頂でスパッと終わった鬼滅の刃。

 

しかも作者の吾峠呼世晴先生が引退説があるんだけど、、!!デマなの?本当なの?

 

アラサー女子
タイミングで引退なんてありえなさそうですが、家庭の事情で実家に帰るらしい。
うさまる
親の介護で引退する説もあるんだよね〜〜

 

でもこういうのって信ぴょう性が怪しかったりするので、噂の出どころが本当なのか調査してみます!

 

 

鬼滅の刃の作者が引退するって本当?

そもそもなぜ引退の話がでたというと、こちらの文春の記事です。
https://bunshun.jp/articles/-/37807?page=2

こちらがによると、引退の理由は

 

・家庭の事情で地元の福岡に帰らないといけない。
・東京で漫画を続けることが困難

 

というのがジャンプ関係者のお話。うーん。信ぴょう性が微妙。

アラサー女子
ジャンプ関係者って誰やねん!って感じ。イニシャルもないですし。

 

いろんなニュースサイトやTwitterなんかもみて見たのですが、
こちら信ぴょう性は五分五分です。

 

あとは、また、ジャンプ最終回では、「次回作をお楽しみに!」と書かれてありました。なので、引退というか、引退とまでは行かないとも、一時休業の可能性はありそうです。

 

 

家庭の事情で地元の福岡に帰らないといけない理由は?

もし文春の記事が本当だと家庭の事情で地元の福岡に帰らないといけないってなんなのか?ってことですよね。

考えられるとしたら

・結婚・妊娠した
・親の介護をしなければいけない
・家業を継がなきゃいけない

 

ってことでしょうか。詳しくみてみましょう。

 

理由の予想1:親の介護必要である

 

一番ネットで多い意見が親の介護。地元に帰らなけらばいけないと聞くと、真っ先に思い浮かぶのがこの理由ですよね。

 

ただ単に、地元の福岡に帰るだけなら、福岡から漫画くらい書けそうですが、親の介護となると、週刊誌の連載は厳しいでしょう。

 

ただ、これだけ漫画がヒットしたら印税も凄そうですし、ご自身で介護せずとも施設にお願いしたり、訪問介護とか、プロに任せるっていう手もある気がしますね。

 

 

親の介護が理由だとすると、思い出すのが荒川弘さん。

 

荒川弘さんは難病家族の看病と主婦業と介護をこなしながら漫画も描いてた方です。ただ、漫画家じゃなくても、普通の会社員の型でも介護と両立するのは相当大変。

 

 

理由の予想2:結婚・妊娠されている

作者がアラサーの女性ということで炎上しましたね。現在31歳で、女性という可能性が高いんです。

 

女性というのが本当なら、この年齢になると、結婚や出産の可能性は大きいですね。
作者は初連載の時に上京したらしいので、その前に彼氏がいた可能性もあります。

 

結婚くらいなら漫画続けられそうですが…もしくは妊娠されて里帰り出産とか。さすがに赤ちゃんがいたら週刊誌の連載は厳しい。

 

理由の予想3:家業をつぐ

地元に帰らないといけないということしかわかっていないので、こちらの可能性もあります。
でも超人気漫画家なので、ここまですごい人だったらご両親も漫画続けなよ〜とかなりそうですよね。

なので、可能性は低いでしょう。

 

親の介護の噂が本当だとしても、引退よりも休業って感じでしょう。個人的にはアシスタントとか雇ってもらって続けてほしいな。。

 

とりあえず、ドラゴンボールみたいにダラダラ続けなくてよかった。
すっぱり最終回迎えましたし。スラムダンクふただび。

 

 

最後は完結を急いていた?

 

最後は完結を急いでいたように感じでた読者も多いです。なので、急遽実家に帰るという噂は本当なのかも。作者の意向で急に終わったとしても、それでも最終回は謎だったという、、、、

 

なので、よっぽどのご事情があったのかもしれません。>< やっぱりご両親が急に介護が必要になったのが一番有力かな?
妊娠していても、出産までかなり時間がありますし、最終回を急に急ぐ必要ないですもんね。

 

 

吾峠呼世晴先生のプロフィール!

 

吾峠呼世晴先生が女性である!ってこともネットで話題になっていました。しかもお若いんですよね!吾峠呼世晴という男っぽい名前ですが、女性だったのびっくり。

 

 

 

こちらの文字も、女性っぽいと話題。

 

・24歳の時に「過狩り狩り」で第70回JUMPトレジャー新人漫画賞で佳作を受賞
・デビュー作は「文殊史郎兄弟」
・ジャンプで「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の読切発表
・「鬼滅の刃」の連載が2016年11月~スタート!

 

まだまだお若いので、また落ち着いたら新作や続編を出してほしいですね^^

 

まとめ

鬼滅の刃の作者が引退する本当の理由についてでした。
・引退説のソースは文春
・ジャンプには次回作をお楽しみにと書かれている
・実家に帰らなければいけないのは親の介護が濃厚
・最終回は急に終わった感あり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です